SERVICEサービス

コストマネジメントCOST MANAGEMENT

それは企画・設計・発注・工事の各段階に
あわせ
目標と費用の適正バランスを見出す
モニタリングメニューです

コストマネジメントは建設プロジェクト全体を通して実施するサービスメニューです。単なる工事費の査定だけなく、本来必要な予算の割り出し、設計段階における助言、適正な工事費を提示するゼネコンの選定支援など多角的な対応で支援するメニューです。工事費査定は当社がその設立以来、もっとも数多く実施し高い評価をいただいている、工事発注段階におけるコスト査定および価格交渉支援にかかわるサービスメニューです。

コストマネジメント

プロジェクト全体でのコストコントロールへ

建設の企画から竣工までプロジェクトを通してコストマネジメントを実施します。昨今では工事費査定のみで予算を調整できるとはいいきれません。各段階で予算超過となるリスクを減少させ適切なマネジメントを行うことがテーマです。
具体的には、設計段階・施工段階の各会議に同席し、タイムリーな施策を実施し、予算内での工事発注へ向けプロジェクトを前進させ、実勢価格に基づく予算策定・計画の精査・VE/CD検討、入札開催など多角的な対応で事業主様を支援してまいります。

サービスメニュー

コストに関わるモニタリング業務

企画段階

  • 必要工事費の試算
  • 予算書の作成支援

設計段階

  • 設計者による工事費概算の確認
  • 計画内容の分析VECD支援

発注段階

  • 入札開催支援

工事段階

  • 設計変更の確認
  • 工事費増減清算への支援

コストマネジメントとは、あらかじめ事業主様で建設構想が決定し設計者も選定され立案が進んでいるプロジェクトに対し、あくまでコストに主眼を置いて支援を行うサービスメニューです。

工事費査定

発注段階に特化した工事費査定メニュー

当社が最も実績が多く、その導入効果を高く評価いただいているメニューが工事見積書を査定する「工事費査定業務」です。過去4,000件の査定実績により独自のデータベースで適正な工事価格をご提示します。施工者の見積書を弊社独自のノウハウに基づき精査し、必要に応じ価格交渉も実施いたします。

サービスメニュー

工事費査定業務

01 設計図書の確認

  • 設計や施工会社が作成した設計図書確認
  • 仮設計画の確認や現地調査も必要に応じ実施

02 見積書を
実勢価格に基づき審査

  • 各単価設定が適正かチェック
  • 一式計上となっている項目について内容を精査

03 仮設費・現場経費を
積上げ計上

  • 仮設計画や工事工程に合致した予算計上となっているか
    (過剰計上はないか)

04 発注者への
査定業務の報告

  • 査定報告書作成の上、査定結果を報告
  • 施工時に問題発生の可能性箇所を報告

05 施工者との
価格交渉支援

  • 査定結果をもとに施工者と価格交渉を代行

見積書には直接工事費の中に予備費を包含し、一方の経費を小せるものがあります。これら経費は工事が順調に進めばそのままゼネコンの利益になる為、阪急CMは純粋なゼネコンの利益と余剰コストにわけ査定を実施します。また出来る限り施工者に出精値引きをさせないこともポイントです。

価格交渉期間が極端に限定されるとコストが下がらないことがあります

クライアント様の声

着工日が決まっており工事見積書は□□年□□ 月□□日に提出される。しかし妥当性を確認している時間はない。このままではいいなりの値段で発注となりそう・・・・

解決策

出来るだけ余裕を持ったスケジュールで御用命ください。設計段階からお声掛けいただければ、プラスアルファの助言を行うことも可能です。設計段階のVE 検討業務とセットで御用命いただくとより効果的です。