BLOGブログ

資材価格高騰時における建設コストの推移について

2021.11.19

BLOG

Hamkyu CM Channel コストレポート

コスト上昇・スケジュール遅延への方策とは?

Hamkyu CM Channel Vol38(2021.10発行)のコストレポートをご紹介します。

今回は、「資材価格高騰時における建設コストの推移について」と題し、各資材価格のコスト推移を記載させていただいております。加えて、コラムとしてウッドショックやアイアンショックまたそのマネジメントのポイントを記載させていただきました。

首都圏における多くの大規模開発案件、2025年大阪・関西万博や統合型リゾート開発等、日本国内において今後も大型プロジェクトが目白押しであり、加えて民間企業においてもコロナ禍にも関わらず、建設投資は旺盛傾向にあり、建設需要が低迷する見込みは今のところ低いと考えています。一方で、9月の中国における大手デベロッパーの経営危機に起因する世界的な信用不安が発生することが否定できない情勢にあります。

阪急CMでは、1996年創業来様々な経済情勢局面において多くの工事発注案件に携わってきており、最適な工事発注に関するCM業務を展開して参りました。そのノウハウを貴社のプロジェクトにおいても役立てていただけるよう努めますので、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ、是非お待ちしております!

御精読ありがとうございました。
  ー Thank you for your reading! -

既存施設の空調改修のメリット一覧に戻る