大阪府立急性期・総合医療センター ほか3医療施設 Osaka General Medical Center (& 3 Other Medical Facilities)

  • プロジェクト総合支援
  • 医療施設
  • CM選奨

SERVICE実施したサービス

改修プロジェクトCM業務 / CM選奨2014

  • 基本計画支援業務
  • 設計者選定支援業務
  • 設計監修業務
  • 工事発注支援業務
  • 工事監理監修業務

SUMMARYプロジェクトサマリー

地方独立行政法人大阪府立病院機構は、2006年に設立され現在5つの病院を運営されています。阪急CMは、2007年に当機構内の4病院の改修プロジェクトに関してプロポーザルによりCM会社として特定され、支援を開始いたしました。
阪急CMは4病院の改修を進めるにあたり、その基本的な要求確認として、改修場所、改修イメージ、各諸室の機能、仕様をヒアリングし、全体スケジュールの作成、発注方式の立案を行いました。特に設計者や工事業者の選定においては、特殊案件を除き実績による制限付きの公募入札を前提としてプロジェクトを推進しました。
設計段階でおいては関係者との綿密な打合わせ実施や現状把握を入念に実施し、続く工事段階においては、病院稼働中の工事であること、他部局の工事との調整が必要となることから阪急CMにて率先してプロジェクト関係者の間に立ち合意形成を行いました。このほかにも、公共工事としての次年度予算の立案、中期修繕計画の立案などの支援もあわせて実施し、機構内でも独自に工事発注が可能となるよう発注方式・工事書式の標準化などノウハウの確立を支援いたしました。

DATAプロジェクトデータ

クライアント 地方独立行政法人 大阪府立病院機構
所在地 大阪府大阪市、羽曳野市、和泉市
建物用途 病院
対象施設 大阪府立急性期・総合医療センター
(現 大阪急性期・総合医療センター)

大阪府立成人病センター
(現在は移転し、大阪国際がんセンターに名称変更)

大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター
(現 大阪はびきの医療センター)

大阪府立母子保健総合医療センター
(現 大阪母子医療センター)