汐留イーストサイドビル Shiodome East Side Building

  • 個別フェーズサポート
  • オフィス

SERVICE実施したサービス

新築プロジェクトCM業務

  • 工事発注支援業務(コストマネジメント業務)
  • 工事監理監修業務

SUMMARYプロジェクトサマリー

汐留イーストサイドビルは、東京のビジネス・商業の中心的エリアの一つである銀座・汐留地区に隣接するテナントオフィスビルです。2005年に阪急電鉄株式会社が建設会社より土地を取得し、当建設会社の特命・設計施工で2007年に建設されました。竣工後は、阪急リート投資法人(現 阪急阪神リート投資法人)の同ポートフォリオに組み込まれ現在に至っています。
阪急CMは、当ビルの新築プロジェクトにおいて、工事発注段階におけるコストマネジメント業務(VE検討)、および施工段階における工事監修業務を実施いたしました。特命建設会社への発注という条件下においても、価格交渉の厳しさの一方で、工法の見直しを含めたVE(バリューエンジニアリング)提案を行い、効果的なコスト削減へ貢献いたしました。

DATAプロジェクトデータ

クライアント 阪急電鉄株式会社
所在地 東京都中央区
建物用途 オフィス
延床面積 約12,500m2
構 造 S造・SRC造(CFT柱)
階 数 地上8階