CM Blog
  1. ホーム
  2. CM Blog
  3. マンション大規模修繕工事

マンション大規模修繕工事

2014.07.23

●プロジェクト組織
   発注者 / マンション管理組合
   CMr / 阪急コンストラクション・マネジメント株式会社
   設計・監理 / 阪急コンストラクション・マネジメント株式会社
   施工者 / 地元建設会社


●工事概要
   マンションの規模 / RC9階建、RC5階建 2棟 住戸数計108戸
   マンションの築年数 / 32年


●発注者のCM導入の意図
   ・計画の推進を、施工会社ではなくコンサルタント(CM会社)に依頼したい。
   ・発注者側における工事発注のプロセスの透明化を図りたい。
   ・施工不良回避のため、第三者による技術評価が必要である。

    →コンサルタント3社に対しコンペ募集し、最終的に阪急CMへ発注を決定。


●CM業務内容
   ①建物調査・診断
     ・入居者に建物の不具合に関するアンケートを実施。
     ・建物劣化状況調査(修繕必要箇所の修繕緊急度ランク付け)
     ・大規模修繕箇所及び部位ごとの概算工事費の算出
   ②修繕計画の立案・検討 及び 実施計画書・工事仕様書作成
     ・管理組合員の意向を踏まえた、修繕箇所・仕様選定
   ③施工者選定業務
     ・施工者選定に伴う募集要項書(RfP)作成
       BQ(数量明細書)も併せて配布
       → 見積参加者はこのBQを基に見積書を作成。見積参加者間の見積金額比較が
     ・見積参加者(12社)へ見積要項書配布  → 質疑回答
     ・見積参加者の見積比較検討
     ・落札候補者(3社)へヒアリングを実施
     ・落札者決定に伴う支援(最終的な見積内容の確認、工事請負契約締結支援)
   ④工事監理業務
     ・コスト精算、品質、スケジュール、安全に関するマネジメント


●発注者の評価
     ・管理組合内のコンセンサス形成に非常に有用であった。
     ・発注者として実施しなければならない諸業務を、CM会社が実施し、効率化が図れた。
     ・見積参加者間の競争原理が働いた結果、当初の計画の内容を当初予算以下で発注
      することができた。

Page Top