CM Blog
  1. ホーム
  2. CM Blog
  3. 商業ビル新築工事 Design & CM

商業ビル新築工事 Design & CM

2014.07.23

●案件概要

発注者 / A社
CMr / 阪急コンストラクション・マネジメント株式会社
設計 / 阪急コンストラクション・マネジメント株式会社
工事監理 / 阪急コンストラクション・マネジメント株式会社
施工 / B社(地元ゼネコン)

建物用途 / 商業ビル(コンビ二・飲食店が入居)
構造規模 / RC造6階建 
延床面積 / 1,239.61㎡


●当社の役割

発注者は、当物件所在地にあった収益用中古ビル(旧飲食店ビル)を取得。
当初は、3000万円程度の改修費でテナントビルとして新規にリニューアルオープンさせる意向であった。

          ↓

阪急CMの【建物調査】結果により、建替えを決意。
(阪急CMの調査結果・・・違法に増床工事を繰り返しているため違法建築建物と判断。テナントビルにするには建替えるしかないと提言。)

          ↓

【設計業務】
 ・階高、設備容量などのビルの基本性能を確保した上で、ローコスト化を実現。
 ・レンタブル比最大化し、また将来を見越したフレキシビリティ性を確保。
 
          ↓

【CM業務(施工者選定マネジメント)】
 ・ゼネコン12社による競争入札の実施。
  (競争原理が働き、阪急CMが算出したコストよりも下回る金額で工事請負契約を締結。)
 ・土地取得費・既存建物解体費・新築工事費に対する収益利回りは約13%を確保。

Page Top